めざせ毎日更新できるかな☆
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
捨て猫のカルテ (リンクス・コレクション)
JUGEMテーマ:漫画/アニメ


都心を中心にわりと完売のお店が多かった印象のこの作品。
元々は、NARUTOのカカイルで有名な同人作家さんです。
でも絵柄にその片鱗が残ってはいるものの当時の印象とは違ってるかなぁ…
NARUTOということで和テイストのイメージが強かったので、現代風のタッチに違和感があったのかも。
事実、少し描き手の戸惑いというか書き慣れてない感が伝わってきました。
お話はサッパリめでさらりと読める内容の中編と短編が集まった構成。

ゲイの薫は、つきあっている相手のことを本当に好きでも、それをあまり口に出さないため、冷めた態度だと誤解され、いつもふられていた。
ある日、投げやりな気分でハッテン場に行った薫が出会ったのは、ノンケで天然な陽平だった。
陽平の自分に対する優しい言葉に惹かれ、つい出来心で彼に手を出してしまった薫だったが――!?
本当は寂しがりやの男の恋の行方は――。
表題作。
猫好きの大学生がネコみたいな会社員と出会い付き合うお話がコミックスの半分くらい。
ちょっと駆け足な展開に置いてきぼりをくらいました…
なぜ二人の間に愛が芽生えたのかエピソードがあまりになさすぎて説得力に欠けました。
キャラクターとしても猫属性と押しつつもそんなにネコっぽく感じず、全体的に薄味だったかな。
これは単に私がそこまでネコが好きというわけではないので、よくわかってないだけかも……
でもツンデレって言われた方がイメージが定着しやすかったかも。
年末、大学生の攻が帰省のために家を空けるのを寂しく思った受が不安を吐露して素直になるエピソードは可愛くて好き。
仲直りのHで意外にも攻がイジメッコになって攻め立てるのもよかった。
猫耳のお話は猫耳自体に価値を見いだせないのでそんなもんかぁと低温な感想でした…
でも勘違いした受がとったある意味男前な行動は嫌いじゃないです。(笑)

寂しがりやの恋
私、実はこのお話は雑誌で立ち読みしてました。
でもカカイルの大手の方だってまったく気づけませんでした…あれ…??
金持ちのカレシ羨ましいなと思ったお話。(笑)
キズを舐め合うように体を重ねる際に身代わりの役目を徹底させるために名を明かさないっていうエピソードが切なくって好きです。

君も恋をするべきだ!
攻が学校の先生なのですがお相手がそこの生徒だったりOBなわけでもなかったのであんまり生かされていない設定。(笑)
金持ちでエリート思考の家に生まれるのも大変なんだろうなぁ…
これまたちょっと傷を舐め合う関係な気もしなくもないですが、足りない部分を補う関係性ってけっきょくいちばん繋がりが強かったりしますからね。

うーん。
全体的にやっぱり薄味でキャラクターにもそんなに魅力を感じなかったかなぁ…
キャラクターとの距離感が掴めてないというか……
同人誌だととても面白くて好きだった作家さんなので今後の作品に期待です。
| 20:28 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| | - | - | - |









 
この記事のトラックバックURL

トラックバック機能は終了しました。